運転する職業

需要が高まっているドライバー

タクシー会社や運送会社、バス会社などに勤務して、タクシーやトラック、バスを運転する仕事をしている人をプロのドライバーといいます。ドライバーの求人は今後ねらい目です。なぜなら、ドライバーの高齢化がいま問題となっているからです。 どこの会社も高齢なドライバーしかおらず、頭を抱えている状態です。そのため、若い人ほど求人に応募すれば有利になります。ドライバーの求人に応募するには、第二種免許や大型免許などの特別な運転免許が必要ですが、会社によっては免許取得の費用を負担してくれる所もあります。これからオンライン通販の時代になり、運送会社は特に需要が高まってくると予想されます。運送会社のドライバーの求人情報も増えていきそうです。

ハードで不規則な生活

ドライバーというのは体力や精神力、判断力がいる仕事で、とてもハードです。長距離トラックの運転手になると夜間に何時間も運転しなければならなくなります。タクシードライバーなら歩合制のところもあり、お客が取れるかどうかがダイレクトに給料に影響します。基本的に不規則な生活なので、生活のリズムを取るのが大変です。家族とも時間が合わなくすれ違いになることもあります。そしてハードな仕事にも関わらず、待遇が低い会社もあります。 それでも以前よりは職場環境や待遇が改善されつつあります。ドライバーのなり手が減ってきたことにより、各会社が労働環境を改善しようとしているので、これからは待遇がよい会社が多くなってくると思います。